東京 は 江戸川区 と 葛飾区 の境に位置する ダイビングショップ & ダイビングスクール。 JR総武線・新小岩駅から徒歩約8分。 発行CカードはPADI伊豆や千葉への日帰りファンダイビング、毎週開催中!

>>blog top<<|東京は江戸川区と葛飾区の境目にあるダイビングショップ&スクールです

伊豆や千葉を中心に、良い海めがけてフットワーク良く出かけちゃうのがモット〜
<< ダイビング・ログ|勝浦|千葉 房総 | main | 新・サンマ焼き定食|弥次喜多|沼津 >>
【ダイビング・マナー】 混み合う洗い場でのマナー ・・・
 8月も今週で終わり、いよいよ秋のダイビングベストシーズンがやって来ます。これからの時期がベストシーズンと言われる所以は、「年間で最も水温が高い」「季節来遊魚を含む魚種魚影ともに最高潮」「透明度が安定している」などの理由が上げらると思いますが、それと同時に関東近県の各ダイビングスポットでは、年間で最も混み合う時期に突入することにもなります。

 ダイバーが集中する週末の人気スポットでは、器材の洗い場と干し場の使用に工夫が必要となります。当店でも他のチームと時間帯が重ならないよう工夫はしていますが、やはりそこは限られたスペース。どうしても洗う順番待ちや干し場のスペース不足などの問題が生じてしまいます。そこで皆様には、以下の点に注意して洗い場を使っていただきたいと思います。

◆器材を「洗い桶」に浸けっ放しにしない。
 器材を洗い桶に浸けたままの状態で、シャワーやトイレに行ってしまうのは止めましょう。他の人が使用できなくなってしまいます。

◆干し場ではなるべくコンパクトに器材をまとめて下さい。
 たまたまたくさんスペースが開いていたとしても、後から他の人も使用します。必要以上に場所を取らず、チームごとにコンパクトにまとめるようにしてください。

ダイブハンガー ◆ダイビングハンガー ¥1,890

器材をコンパクトに「干せる」ツールとして、「ダイビングハンガー(写真)」という商品があります。メリットは以下の通り。簡単な道具ですが、大変便利に使える商品です。価格も安いのでおすすめです。

・スーツ以外の全器材を一箇所にまとめて吊るす事が可能。
・3つに分解できるので、普段はメッシュバックに入れて持ち歩くことができます。
・すべての器材を一ヶ所にまとめられるので、小物などの忘れ物も防止できます。
・干し場ではもちろんの事、ご自宅でもベランダで干す場合などに大変重宝するはずです。

せっかくの「ベストシーズン」、上手に譲り合って気持ち良く海で遊びましょう!

▲このページのTOP

| ダイビング・マナー | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.d-pal.com/trackback/1197
トラックバック
CaLeNdAr ///
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LaTeSt EnTrIeS ///
CaTeGoRys ///
ArChIvEs ///
ReCEnT ComMeNT ///





MoBiLity ///
qrcode
LiNkS ///
ProFILe ///