東京 は 江戸川区 と 葛飾区 の境に位置する ダイビングショップ & ダイビングスクール。 JR総武線・新小岩駅から徒歩約8分。 発行CカードはPADI伊豆や千葉への日帰りファンダイビング、毎週開催中!

>>blog top<<|東京は江戸川区と葛飾区の境目にあるダイビングショップ&スクールです

伊豆や千葉を中心に、良い海めがけてフットワーク良く出かけちゃうのがモット〜
<< ウミウシパラダイス!|城ヶ島でダイビング | main | 奥多摩で川魚食う… >>
最高の透明度継続中!|房総 行川(なめがわ)でダイビング
天気:晴れ 🌞 気温:10℃ 水温:14℃前後 透明度:20m 👍
Dive1:マグロ根 Dive2:マグロ根 
Diver:masaさん、TY46さん
20190217_namegawa_00.jpg
行川(なめがわ)行ってきました。
この時期は、海も天気も安定していて透明度も最高!
いい意味で「どこでもいい」ので、いい意味で行先に迷ってしまいます。

20190217_namegawa_01.jpg
冬の海。今日も当たり前のように遠くまで見渡せます…

20190217_namegawa_02.jpg
広がるスーパーブルー

20190217_namegawa_03.jpg
根から根の移動も、浮遊感満点でございます゚・*:.。.

竜宮城へ向かう途中、ブリサイズが5本でぐるぐる。それほど近くには寄ってきてくれませんでしたが、割と長い時間見てられました。

20190217_namegawa_04.jpg
ネコザメは、大小いろんなサイズで3か所で目撃。

20190217_namegawa_05.jpg
アーチの中には、モロコ、イシダイ、イシガキダイ、アカハタ、イシガキフグ、などなど

20190217_namegawa_06.jpg
イサキもいたるところで群れ群れ

20190217_namegawa_07.jpg
竜宮城の谷底では、20匹ほどのミギマキが同じ方向向いて着底していました。

20190217_namegawa_08.jpg
約50分の潜水時間、ほとんど中層で過ごしていたので、種類こそ沢山は見てはいませんが、移動中は、常にイサキやタカベの魚群シャワー浴び続けながら、抜群の透明度のマグロ根2本でたっぷり大周り。

20190217_namegawa_09.jpg
春らしい空気もちょっとずつ感じられる、今日この頃ですが、満点の浮遊感、まだまだ味わうことができますよ。透明で澄み切った冬の海、ぜひ潜りに来てください!

20190217_namegawa_10.jpg
昼食は、久々に天津小湊の「だるまや」さんへ…


庭には鶏は放し飼いになっていて、昭和で時間が止まったような佇まいです

20190217_namegawa_11.jpg
観光客向けの魚介料理など食べたい人には不向き。地元向けのメニューが並びます

20190217_namegawa_12.jpg
今回も「タンタン麺 ¥750」を注文。とはいえ勝浦タンタンメンとは全くの別物です。
醤油ベースで、具材はニンニクとニラがたっぷり。あとで匂いヤバそうだけど、癖になる美味しさです。
ただ今日はスープがヌルかった〜^…。まぁまたいつか、次に期待

▲このページのTOP
| ダイビング・ログ | 22:33 | - | - | pookmark |
CaLeNdAr ///
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LaTeSt EnTrIeS ///
CaTeGoRys ///
ArChIvEs ///
ReCEnT ComMeNT ///





MoBiLity ///
qrcode
LiNkS ///
ProFILe ///